将来の目標を決めて働こう!

大学に入学したとなると、学業の合間にアルバイトをする人も少なくない。
彼らがアルバイトを決める基準は、時給、立地、またその店の雰囲気だろうか。
もちろん学生の本分は勉強なので、学業と両立できる仕事でなければいけない。
ここで、学生のうちにやるアルバイトとしておすすめしたいのが、自分が将来目指している職場で働くことである。
例えば、将来IT企業に就職したいならIT関連のアルバイトを探すべきだろうし、自動車ディーラーで営業をしたいのなら、車屋で働くのが1番良いということである。
なぜなら、実際にその職場で働いてみることで、仕事についての悪い部分を実感することができ、向き不向きを判断できるだからだ。
学生のうちは、どうしても、その職場の良い面ばかり追い求めてしまい、実際社会人になって、念願叶ってその職業についたとしても、思い描いていた理想と現実とのギャップに失望することが多い。
そのギャップを埋めていくためには、やはり経験するしかないのである。
例えば、パティシエになりたいなら、ケーキ屋でアルバイトを始めるだろうが、ケーキ屋の一大イベントであるクリスマスは、毎年眠る暇もなく血眼になって、お客様の顔すら見ることもなく忙しい1日を終えているのだ。
ディーラーで、お客様の何百万という単位の大きな買い物を委ねられる責任感と、日々数字に追われる営業達のプレッシャーは、誰が理解できるだろうか。
仕事の苦労は、その働いている人にしか分からないのである。
それを、学生のうちに経験することで、自分が本当にやりたい仕事なのか、自分が続けられる仕事なのかをきっちりと判断することができ、現実と理想のギャップに悩むこともなくスムーズに理想の職業で働くことができるのだ。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です